完全装備はここまでそろってる!車の構造

自動車は事故を起こすと命に関わるような大きな怪我に発展する危険性があります。そのために自動車には様々な安全装備が備え付けられています。この安全に関わる装備は主に、アクティブセーフティ(能動安全)装備と呼ばれものと、パッシブセーフティ(受動安全)装備と呼ばれるものの2種類があります。

アクティブセーフティ(能動安全)装備というのは、事故を未然に防ぐことができる装備のことを言います。代表的なものは、ブレーキ時にタイヤがロックするのを防ぐABSや横滑り防止装置であるESCなどがあります。ABSに関してはほとんどのクルマに標準装備されていますが、ESCは標準装備されている場合とされていない場合が多いようです。また、最近は自動ブレーキシステムなどもアクティブセーフティ(能動安全)装備として人気があります。

これに対して、パッシブセーフティ(受動安全)装備というのは、実際に衝突事故が起きてしまった場合に、乗員や歩行者の安全を確保することを目的とした装備や技術のことを言います。たとえば、衝撃吸収ボディ構造により、ボディが衝突時の衝撃を吸収しキャビン空間を確保します。またシートベルトやエアバッグもこのパッシブセーフティ(受動安全)装備となります。

コメントは受け付けていません。